労災保険:「役員」の扱い

労災保険:「役員」の扱い

労災保険・役員について

 

労災保険は労働者(従業員・使用人)の為の保険なので、原則として、社長をはじめとした役員は加入できません。

 

ケガをして病院にかかったら、自腹で支払う必要があります。

 

◆ しかし、上に「原則として」と記したように、特例があります。

 

それが、労災保険特別加入制度です。

 

社長や役員でも加入できる労災保険が、特別加入制度ですが、具体的には、

 

・「中小事業主
・「一人親方
・「特別作業従事者
・「海外派遣者

 

などが対象になります。