労災保険料率:平成19年

労災保険料率:平成19年

労災保険料率・平成19年について

 

◆ まず、平成19年労災保険料率は、原則として、従前通りです。

 

<最新の料率>→「労災保険料率表」を参照してください。

 

平成19年労災保険で、1つ注意すべき点があります。それは、平成19年4月1日から、石綿(アスベスト)健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付が始まった点です。

 

ここでいう「一般拠出金」とは、「石綿による健康被害の救済に関する法律」により、石綿(アスベスト)健康被害の救済費用に充てるため、すべての事業主に負担してもらう拠出金のことです。

 

すなわち、アスベストというのは、特定の産業だけでなく、全ての産業において、その基盤となる施設、設備、機材等に幅広く使用されてきました。

 

このため、健康被害の救済にあたっては、アスベストの製造販売等を行ってきた事業主のみならず、すべての労災保険適用事業場の事業主に、一般拠出金の負担をしてもらうというものです。