労災保険率の改定

労災保険率の改定

<労災保険率の改定>

 

労災保険率等の改定については、平成20年12月22日の労働政策審議会労働条件分科会労災保険部会において、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律施行規則(以下「徴収則」という。)の一部を改定する省令案要綱」に係る答申(記者発表資料)が出されましたが、答申の内容に基づき、徴収則の一部を改定する省令(平成21年厚生労働省令第16号)が平成21年2月19日に公布され、平成21年4月1日から施行されることとなりました。

 

年度更新の際は、平成21年4月1日から労災保険率等が改定されるため、平成21年度の労災保険料の概算保険料の申告から、労災保険率が変更となります。

 

平成20年度の確定保険料は、旧労災保険率によって申告することになります。

 

改定の内容は以下のとおりです。

 

労災保険料率

 

<労災保険率の改定>