労災保険:建設業の場合は特殊

労災保険:建設業の場合は特殊

労災保険・建設業について

 

建設業労災保険の関係は、他の業種とやや異なった点があります。

 

このページでは、そうした建設業に特有のものを具体的に見ていきたいと思います。

 

建設業労災保険加入は、まず保険番号成立の手続きをとり、その手続きが完了したら、今度は、施主から受けた工事ごと(元請工事ごと)に保険をかけます

 

この点、他の職種のケースとは、加入手続きが大いに異なっています。

 

◆ つまり、建設業の場合、元請責任で労災保険をかける仕組みになっているのです。

 

逆に言うと、下請工事の場合は、保険料自体は発生しません。

 

下請け業者は労災保険を掛けなくていいことになっています

 

事故が発生したら、元請けが加入している労災保険から支給されるからです。
※ もちろん、実際のところは、下請けで労災事故が発生しても、元請けとの関係が悪化することを恐れるあまり、労災事故としては扱わず、下請けの会社が独自に治療費等を支払うケースもあるようです。しかし、こういう場合、実際に最後まで支払わずに終わるケースもあり、しばしばトラブルになります

 

◆ 元請あるいは下請の事業主(事業主の家族を含みます)、法人の役員、一人親方(いわゆる「手間請」)は、たとえば、建築現場で事故があったとしても、元請が加入している労災保険が使えません。

 

そのかわりに、労災保険特別加入制度を利用することができます。

 

ただし、労災保険特別加入制度は、組合を通じてでなければ加入できません