労災とは?

労災とは?

労災とは、労働者が業務中に災害にあったり、通勤途上で災害にあった場合に保険給付するものです。

 

◆ また、労災の「災」は、災害の「災」のことですが、必ずしもケガや障害に対してだけ保険給付するものではありません。「疾病労災」といって、業務が原因で病気が発症した場合とか、労働者がもともと持っていた病が、労働の継続によって、自然的な経過を超えて悪化した場合などにも、労災から保険が支払われます。

 

労災の保険料は、労使折半ではなく、全額事業主負担です。

 

労災が適用されるのは、原則として、労働者とその遺族です。また、正社員だけでなく、パート、アルバイトなどにも適用されます。

 

労災は、公務員には適用されません。しかし、大丈夫。公務員には、別の制度が用意されています。たとえば、地方公務員がいわゆる「労働災害」にあった場合は、地方公務員災害補償基金から支給されることになっています。

 

労災とは、正式名を、労働者災害補償保険といい、単に労災保険ともいいます。あるいは、「労働災害」のことを指して労災と呼ぶこともあります。このサイトでは、労災保険の意味で使っています。