労災:事故の要件

労災:事故の要件

労災事故について

 

労災保険法第1条によると、労災事故とは、業務上の事由又は通勤による労働者の負傷・疾病に対して、国が労災保険から保険給付を行い、労働者の社会復帰を促進し、遺族がある場合はその生活を補償しようという制度です。

 

労災事故は、上記のように、けがだけでなく病気にも適用されます。

 

ただ、けがの場合は、それが業務中に発生した場合でも、通勤途上で発生した場合でも、労災に当てはまるかどうかを判断するのは、それほど困難ではありません。

 

しかし、病気に関しては、本当に仕事の継続が原因で発生し、悪化したものなのか、それとも、もともと持病としていたものがたまたま発生したものなのか、認定が難しいケースがでてきます。

 

こうした点に関しては、専門家である社会保険労務士さんなどに相談することをおすすめします。

 

ネット上でも相談できる社会保険労務士さんはたくさんあります。