労働組合法とは?

労働組合法とは?

労働組合法とは何か?

 

労働組合法とは、まず、第一に、憲法による労働三権の保障を具体化した法律のことです。

 

労働三権とは、 団結権団体交渉権争議権のことで、これは憲法28条の、「勤労者の団結する権利および団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する」という条文に基づいています。

 

◆ そもそも労働者の権利は、労働基準法等によって守られているのですが、実際には、法律の定めがあるにもかかわらず、労働現場では、最低条件が守られていなかったりする実状があります。

 

これは、やはり、労働者一人一人は、使用者に対して弱い立場にあるからに他なりません。

 

労働組合法は、こうした弱い立場にある労働者をさらに下支えするためにある法律で、この法律によって、労働者の労働条件等のよりいっそうの改善を目指しているわけです。