労働組合法の改正の中身

労働組合法の改正の中身

労働組合法・改正について

 

◆ ここでは、平成16年改正、平成17年1月1日施行改正労働組合法の内容について見ていきます。

 

労働組合法改正ですが、おおまかな内容は、頻発している不当労働行為事件を迅速かつ的確に処理していくために、たとえば、労働委員会の行う審査の手続等を整備することなどを盛り込んでいます。

 

労働委員会というところがあり、ここでは、不当労働行為を審査することになっています。

 

つまり、この制度は、使用者による不当労働行為が行われた場合に、その迅速な救済を図ることによって、長期的に安定した労使関係を維持、確保するための制度です。

 

しかしながら、労働委員会による審査は、非常に長期化しており、実効性が上がっていませんでした。

 

また、命令に対する取消率も高いという問題もありました。

 

労働組合法改正は、こうした実態を踏まえ、労働委員会による審査の迅速化、的確化を図るために、審査手続及び審査体制を整備する目的で行われたものです。