福祉事業団と「一人親方の労災保険」

福祉事業団と「一人親方の労災保険」

福祉事業団・一人親方・労災保険について

 

一人親方などが労災保険に特別加入するためには、労働保険の事務手続きを「労働保険事務組合」に委託する必要があります。

 

そして、この労働保険事務組合というのは、中小企業福祉事業団の傘下にある団体です。

 

この中小企業福祉事業団は、通常、社会保険労務士が代表者となっています。