労災保険・労災|労働者の窮地に大活躍する100%労働者のための保険

労災保険・労災|労働者の窮地に大活躍する100%労働者のための保険

◆ このサイトでは、「労災保険」あるいは「労災」についてやさしく解説していきます。

 

労災保険/労災は、正式名を「労働者災害補償保険」といいます。労働者が、業務上の災害にあったり、通勤途中に交通事故などの災害にあった場合に、その当事者である労働者やその遺族に対して保険給付を行います

 

労災保険・労災|労働者の窮地に大活躍する100%労働者のための保険

労災保険/労災は、雇用保険(失業保険)とあわせて「労働保険」と呼ばれています。

 

労災保険/労災は、労働者に対する社会保障のなかでも、もっとも基本的なものです。たとえば、会社によっては、厚生年金や健康保険に加入していないところもありますが、この労災保険/労災にだけは加入していることは、珍しくありません

 

というのも、労働基準監督署などの指導が厳しいからです。従業員を雇っているのなら、とにかくこれにだけは入りなさい、というわけです。ましてや、厚生年金や健康保険に加入している会社なら、間違いなく、労災保険/労災には加入しています。

 

労災保険・労災|労働者の窮地に大活躍する100%労働者のための保険

◆ また、労災の「」は、災害の「災」のことですが、必ずしもケガや障害に対してだけ保険給付するものではありません。

 

疾病労災」といって、業務が原因で病気が発症した場合とか、労働者がもともと持っていた病が、労働の継続によって、自然的な経過を超えて悪化した場合などにも、労災から保険が支払われます

 

労災保険/労災の保険料は、労使折半ではなく、全額事業主負担です。

 

労災保険/労災が適用されるのは、原則として、労働者とその遺族です。また、正社員だけでなく、パート、アルバイトなどにも適用されます。

 

労災保険/労災は、公務員には適用されません。しかし、大丈夫。公務員には、別の制度が用意されています。たとえば、地方公務員がいわゆる「労働災害」にあった場合は、地方公務員災害補償基金から支給されることになっています。


JA 保険 JA共済 農協 労災保険 労災 労働基準法 雇用保険 雇用保険法 失業保険 巻き爪 労働法解説